2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by a member of heaven0sent
 
[スポンサー広告

フラクタルについて
フラクタルの終わり方がかなり好きだ。
主人公のクレインは自分の意志なんて特にない傍観者だ。
最期までそんな感じで物語を通して成長なんてほとんどしない。
けれども物語の終わりにクレインは料理を作るようになっていた。
流されて生きてきて悩んでばかりいて何が正しいのか分からないけど分かりたい、そんなクレインが自ら選び取った料理は自由の象徴だと思う。意志あるいは未来でもいい。
クレインは所詮傍観者で世界を救ったりすることはできない。
それでも成長と言えないような小さな変化がとてもやさしく感じる。

クレインの徹底的な傍観者像は監督の山本寛。
料理はシリーズ構成の岡田麿里によるらしい。

最近の主人公にはカッコよすぎるのが多かったのでこういう傍観者主人公がとても心地よかった。
視聴者として見ていて楽なアニメだと思う。
説教っぽくないのもやや良い。

小説「フラクタル/リローデッド」は夏頃発売らしいから楽しみだ。
Posted by a member of heaven0sent
comment:2   trackback:0
[未分類/日記
comment
フラクタルも最近見てなかった…
ISの最終回も見るの忘れた
2011/05/30 14:04 | URL | edit posted by クウヤ
お前そんな真面目に見てたのか・・・
言われてるほどつまんないアニメじゃなかったのは間違いないっすわ
2011/05/31 14:45 | URL | edit posted by セリ
comment posting














 

trackback URL
http://heaventhsent.blog102.fc2.com/tb.php/774-5c86997a
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。